Menu

監視カメラの性能

0 Comments

最近の監視カメラの性能は研究・開発され、大きく進化しています。従来アナログ式の監視カメラではケーブルを経由してテレビモニターに接続し、映像を流し見ることをしてきましたが、撮影した映像の記録はビデオテープやハードディスクにされていました。メリットはコストが掛からないことが言えますが、低画質のため細部の確認ができず、顔の判別や車のナンバーなどが見て判断ができませんでした。しかしデジタル式の監視カメラでは、ウェブカメラやネットワークカメラと呼ばれ、撮影映像はデジタルデータ化されDVDやSDカードなどに記録されます。メリットは映像がきれいで画素数が高く商品の細部に至るまで確認することができますが、コストが高いことがデメリットとなります。例えばフルハイビジョン画質を可能にしている監視カメラなら、顔の識別や車のナンバーはもちろん、商品カードや受け渡しする紙幣までも明確に見て取れます。これにより活用の仕方が広がり、陳列棚にある食品の賞味期限のチェックや倉庫の在庫チェックまでも確認することが可能です。

進化したデジタル式の監視カメラではシステムが構築され、インターネットを経由して、店舗で立ち合わなくても常時タブレット端末などにより映像を確認することができるようになりました。これにより24時間見ることや遠隔操作が可能になり、夜遅くまで営業しているチェーン店などの業務管理などにとても便利に活用できます。