Menu

監視カメラの機能

0 Comments

店舗用で活躍する監視カメラには、いくつかのタイプがあります。ボックスカメラは屋外に設置されることが一般的で、見て一瞬で監視カメラの認識ができるもので防水機能があるものを選ぶ必要性があります。ドームカメラは主に屋内の天井に設置するタイプで、表立ってカメラの存在を意識させたくない場合に使用され、小型カメラは監視カメラの存在がわからないように撮影したい場合に使用します。

機能付き監視カメラのPTZカメラはPan(パン)、Tilt(ティルト)、Zoom(ズーム)の 頭文字でできており、カメラの向きを水平・回転・上下に動かすことができて撮影したいところのズームインやズームアウトができるものです。デイナイトカメラは、昼間はカラー映像を撮影し、光が一定の基準より暗くなる夜間になると自動的に撮影モードが切り替わり、白黒の映像を撮影します。これは、昼間は赤外線カットフィルターを使用し、夜間はそのフィルターをはずすことで光に対する感度が上がるため、暗くても高画質の撮影を実現しています。赤外線カメラはデイナイトカメラと同じで、照明が少ない環境での撮影として開発された製品で、暗くなると赤外線LEDが赤く灯り白黒の映像を撮影します。ほかにもマイクが内蔵されているものがあり、集音する機能でさらに記録としての精度をあげています。