Menu

監視カメラの存在

0 Comments

現代では飲食店やコンビニ、小売店、病院、駅、街頭、オフィスや家庭のあらゆるところにまで監視カメラが普及し、犯罪の抑止力となっています。監視カメラは単に設置してあるという存在だけでも防犯効果があると言われていますが、事件やトラブルが起きた場合、証拠となる記録を残し、事件の解決に向けて役立ちます。また事件やトラブルに関係なく、監視カメラが設置していることで「人に見られている」という意識が高くなり、例えばゴミの分別マナー、勤務中の従業員の態度などに変化が生まれ、規則遵守やマナー向上に繋がります。

家庭用監視カメラは以前、防犯や火災、ガス漏れなどに対応してくれる警備会社のセキュリティサービスに依頼するのが一般的でしたが、近年ではインターネットの普及により、防犯対策以外でも監視カメラのニーズが高まっています。例えば、赤ちゃんが寝ている部屋に監視カメラを設置し、異なる部屋から赤ちゃんの様子を監視することや、留守中のペットの監視、介護が必要な老人の監視などに活用されており、監視カメラの映像はPCやタブレット端末、スマートフォンでどこにいても確認することができるようになりました。それと同様に店舗用においてもシステムが進化され、店舗に取り付けた監視カメラのリアルタイムな映像を、タブレット端末などでいつでもどこにいても確認することができるセキュリティシステムサービスが提供されています。当サイトでは、店舗に監視カメラを設置して得られる、さまざまなサービスやメリットについて紹介します。