Menu

店舗用導入メリット

0 Comments

お金や商品を必ず扱う店舗にとって監視カメラを設置することは大きなメリットがあり、設置する場所により用途が異なってきます。まず会計するレジカウンター付近に取り付けることで、会計のトラブルを記録することや、スタッフの不正防止を図ることができます。店内全体や商品陳列棚を監視することで、店内の込み具合や状況確認、万引きの防止と証拠の撮影に役立ちます。店舗の出入り口に設置すると、防犯の強化や防犯対策のアピールとしての役割に加え、屋外の監視や来客数の確認などに活用することができますし、バックヤードや在庫倉庫に設置すると倉庫内に保管している商品の内引きや盗難の防止と証拠記録に役立ちます。また、監視カメラの設置場所と用途によりカメラの種類が異なり、レジ周りはカメラのズーム機能ができるPTZカメラ、店内全体には死角ができないようにドーム型など機種のマッチングが必要となります。

そのほかにも店舗運営の業務改善などに役立てることができます。職務中のスタッフの様子を遠隔で見ることにより、スタッフのマナーや仕事ぶりを随時チェックすることができるので、それに応じた教育や指導をし、サービスの向上を図ることや、来客の多い時間帯や曜日、時間帯別の客層などを調査し顧客層のマーケティングに活用することもできます。

【参照リンク】アロバビュー / 監視カメラ設置